会社設立は並大抵のことではない|安定的に稼働させるコツ

企業に当たっての心得

ビル

日本の中心で起業するには

大きくなったら社長になりたいと夢見る子供たちが減少傾向にあるようですが、起業して自らの手でビジネスを切り開くというのは今なお多くの人にとって魅力のあるキャリアとなっているようです。企業するためには会社設立を行う必要がありますが、日本経済の中心ということで東京に事務所を構える場合が多いです。そこで、東京で会社設立するために必要なことを整理したいと思います。まず、会社といっても株式会社や合同会社などいくつかの種類があるため、自分がどのような形態の会社設立を行いたいかを検討する必要があります。多くの場合は株式会社を選ぶと思われますが、場合によって他の形態を選択するのもありです。株式会社の形態で会社設立するためには、出資者を募って資本金を準備するとともに、会社の統治機構をどのようにするかを決めなければなりません。一般にガバナンスと言われますが、現行の会社法の元ではかなり自由な設計が可能となっているため頭を悩ませるかもしれません。伝統的でシンプルなものとしては取締役から構成される取締役会と監査役を設けるというパターンが小規模の会社であればもっとも運営しやすいはずです。構成が決まればその任に就く人を選ぶ必要があります。並行して定款などの会社のドキュメントを作成し、準備が整った段階で設立総会を開催して会社を設立し、東京法務局に設立登記を行って一連の手続きが完了します。東京で一旗揚げようとする方にとってはここからが勝負となります。

相談

海外の現地法人立ち上げ

インドネシアで会社設立を行う場合は現地法人の立ち上げを行うことになります。現地民の取締役が必要不可欠であり、現地での雇用がインドネシアにとって重要なこととなるのです。支援業者を利用する際もそういった現地の雇用が重要という基礎知識を知っておきましょう。