会社設立は並大抵のことではない|安定的に稼働させるコツ

海外の現地法人立ち上げ

相談

法人を開業する基礎知識

インドネシアで会社設立を行う場合は現地法人の立ち上げという形式になります。この現地法人の立ち上げというものは要するに、現地の人をしっかり雇用しなければ認めてもらえないということです。インドネシアにとっては自国民の雇用が増えることは大きなメリットであり、多くの海外企業の法人立ち上げを受け入れています。こういった基礎知識をしっかり有しておくようにすると、インドネシアで会社設立を行うことができるでしょう。インドネシアは世界第4位の人口を誇っていることもあり、経済市場が大きな国となっています。海外進出を狙う企業が進出先に選ぶのは、アジアの経済の中心である香港と、インドネシアです。そのためインドネシアで会社設立を行う企業の支援を専門とする業者が多く存在しています。そういったコンサルタントやアドバイザーを利用する際には、しっかりと現地で雇用を行うことに合意しておきましょう。この際、現地法人に必要不可欠な現地人の取締役のことを知らない業者は信用できません。会社設立を行う支援業者を利用する主目的は現地での交渉を代行してもらうことです。雇用をスムーズに行うことによって、開業手続きや経営ビザの取得は円滑で円満に進みます。インドネシアの永久経営ビザの取得は他の国に比べると簡単な部類に入るので、まずはその取得を目指しましょう。資本金の確保と現地民の取締役の存在があれば確実に取得可能です。海外で本当に開業できるのかと気負いすぎたりせず、ビザの取得手続きを進めていきましょう。